ライフスタイルに合わせて受取り!業者・自分に負担の無い受け取り方法

>

宅配便のメリット・デメリット

再配達の依頼方法をピックアップ

指定した日に急用が入りその時間帯に自宅にいられなくなったり、配送日付や時間を選択出来なかったりした。その場合、不在伝票が入り再配達の指定を行います。
宅配業者にもよりますが、不在伝票には伝票番号と再配達の専門窓口の番号が掲載されているので、通常はその方法に従って依頼をかけます。
しかし電話だけではなく、アプリやネットを使って再配達出来る業者もあります。アプリの場合は事前にダウンロードして、本人認証を行います。ネットの場合もメンバー登録をしてログインした状態にしておきます。そこから再配達が出来るので、窓口へ連絡するよりも簡単に依頼出来るのがメリットです。
近年では事前に配達日をお知らせしてくれるアプリもありますので、不在にならずに便利です。

コンビニ受け取りのススメ

自宅に帰るのが不定期だし、帰るのが夜間帯になってしまうので中々受け取りが出来ない。この場合はコンビニ受け取りを使ってみませんか?
このサービスはあらかじめ業者側とコンビニ側がコンビニ受け取りに対応している必要がありますが、国内に展開されているほとんどのコンビニで対応しています。宅配を依頼する時に受け取り方法をコンビニ受け取りに設定し、あとは最寄のコンビニを指定するだけで良いのです。
一定の期間は設けられていますが、その間なら好きなタイミングで受け取りが出来るのも大きなメリットです。
受け取りの際は伝票番号・身分証明書が必須で、宅配便の種類によっては印鑑も必要ですが、特別な手続きも無くスムーズに荷物を引き取れます。


TOPへ戻る